アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎って何?

アトピー性皮膚炎というのは何でしょう?これは詳しく原因がわかっていないのですが、先天的な遺伝として生まれつき持っている体質や、後天的な問題として環境に誘発される皮膚炎のことを言います。

わかっている原因としてはアレルギーなのですが、その他にも要因がありますので、発病した時には生活環境を変える必要があることも考えられます。

アレルギーというのは体の免疫の問題から出てきますので、免疫反応が強ければアレルギー反応も強く出てしまいます。

アトピー性皮膚炎では肌でのアレルギーが強く出ていますので、肌のコンディションでも症状の感じ方が変わります。乾燥している肌ですと、外的刺激から守ってくれる皮脂のバリア機能が低下していますので炎症になりやすいでしょう。

小さなお子さんですと、かゆみが出た時にかいてしまいますので、これは更に肌を痛めて悪化する原因にもなります。

どういう症状?

ほとんどのアトピー性皮膚炎は、肌表面を見ると赤い発疹のようなものが出るのでわかりやすいかと思います。

水ぶくれになったり、乾燥してフケのようなものが出るようになる、また単なる乾燥肌にしか見えない、ということもありますので、皮膚科での診察が必要でしょう。

専門の医師でなければ見分けがつかない場合、病院に行かないと発見が遅れることになります。実は、肌の状態でアトピー性皮膚炎の重症度がわかるようになっていますので、診察は早いほどいいと思って良いでしょう。

また、アトピー性皮膚炎になった年令によって、どういった症状になるのかも分かれています。

一般にアレルギーから発症するものは、年齢が高くなるにつれ辛く感じると言いますが、アトピー性皮膚炎では小さなお子さんでもかなり大変な思いをすることになります。

乳幼児や小児期では親の管理が求められますので注意深く見てあげたほうがいいでしょう。

⇒自分するべきアトピー性皮膚炎対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ