アナフィラキシーとは?

アナフィラキシーって?

アレルギーの関係で怖いのはアナフィラキシーなのではないでしょうか。これは急激にアレルギー反応を示すことによって、意識障害やショック状態を引き起こすことです。

一刻を争う状態となりますので、緊急の手当をしなくてはいけません。呼吸器にも症状が出ると、呼吸停止など重大な問題になってしまいます。

最悪のケースでは死に至ることもありますので、アトピー性皮膚炎の方も気にしている問題なのではないでしょうか。

今では持参できるエピペンというものがありますので、症状が出たと思った瞬間に打つことで、命を取り留めるケースもありますが、油断は出来ません。

食べ物の摂取だけではなく、何かとの接触をすることでも起こる可能性がありますので、気を使ってしまいますね。このような状態にならないために、日頃から注意をしていかなくてはいけないのです。

日頃から注意を怠らない

まず、アナフィラキシーの症状として出やすいものの例を上げていきましょう。皮膚には発疹や浮腫が出ます。

呼吸器としては喘息のようになったり息がしにくいということがありますね。お腹を壊したり痙攣や意識がなくなることも考えられます。

また血圧が低下することもあって、これらの状態から即死に至る場合があります。原因としては何があるのでしょうか?

アレルギーの原因になっている食べ物をとったり、抗生物質のような薬が原因のこともあります。蜂に刺されるというのは代表的なものですね。

その他には防ぐのが難しいですが、光の刺激や暑さ・寒さということでもアナフィラキシーになることはあります。出来るだけ原因との接触は避けますが、万が一、発作的に怒った時には何が引き金になったのかを把握しましょう。

これがわかるだけでもきちんとした対処が出来るようになるのです。一刻を争うことになります。原因になっている食品と同じまな板で調理をしただけでアナフィラキシーになることもありますよ。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ