アトピー性皮膚炎の治療方法

薬を使用しての治療

アトピー性皮膚炎では投薬治療をすることが多いですね。もちろん軽度の段階で病院に行けないのなら他の方法を検討してもいいですが、ちょっと手に負えないと感じるときには投薬を受けるようになります。

症状が皮膚のトラブルとして出ていますので、先に使用するとしたら軟膏などになります。ステロイドが出されることが多いですが、これも状態によって強弱に分けた使用をしていきます。

ステロイドにはあまりよい印象を持っていないと思いますが、副作用の出る場所とそうではないところがあり、免疫抑制剤の軟膏と使い分けをするようになっていますね。

また、アレルギー、免疫の観点から考えるのであれば、飲み薬も使用していきます。薬の種類については、医師が判断をして処方しますので、個人的に選べるものではありません。

使用方法がきちんと決まっているので、医師または薬剤師の指示に従っていると安全です。

定期的に通院しましょう

塗り薬も飲み薬も処方された分を使いきったらそれで終わりということではありません。医師の判断で薬を継続するのか、一旦中止にしても問題がないのかを見極めることになります。

また検査は定期的にしなくてはいけませんので、一度アトピー性皮膚炎が治ったから、もう通院しなくてもずっと大丈夫とは考えにくいですね。

状態が落ち着いている時には住環境やスキンケアでのアプローチをしていても大丈夫な時はあります。油断をしなくていいように検査だけでも継続しておきましょう。

免疫の問題でアトピー性皮膚炎になっている時は、1週間や1ヶ月で完治するというケースが稀になっているので、面倒だと思っても通院することをオススメします。

また、塗り薬や飲み薬は使い残して取っておいても使用期限がありますので、再開しようと思うのなら新しいものを処方してもらうのがルールになっています。帰って悪化するような薬の使い方は好ましくありませんね。

年齢に応じて処方されることもありますので、個人的な判断をしないで下さい。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ