徹底的にダニ対策をする

アトピーへの影響

ダニはアトピー性皮膚炎の方にとっては本当に害になるものですね。症状の出ている肌につくと、不衛生でもありますし、寄生しているのかと思うと気分が悪いと思います。

呼吸器に入ってしまうことで、別のアレルギー症状が出ることもあり、油断できないのではないでしょうか。完全には取り除けませんので、いかに少なくしていくのかという方法を検討していきましょう。

ダニというとカーペットや畳、寝具だけに存在しているかと思ってしまいますが、実は観葉植物の土の中やペットが居るときにもダニを媒介することがあります。

ペットもトリミングをまめにして、ケアできるようにしていないと、ダニが増えてしまいます。抜け落ちた毛の影響もありますので、掃除の回数は自然と増えるのではないでしょうか。

まずはダニが生息しにくい環境づくりから初めて行きましょう。

対策方法

ダニの多くは湿度が60%以下になると生息しにくくなり減少傾向に入っていきます。つまり通気性の良い状態にしておくのもいいということですね。

布団には湿気がたまりやすくなっているので枕と合わせて天日で干すようにして下さい。布団を干しにくいシーズンでは布団乾燥機を使うのも有効です。

掃除機も丁寧にブロック分けして時間をかけていきましょう。出来れば1日に2回はしたいところです。ダニの殺虫剤を使う人もいますが、実は人間にも害になりますから、使用頻度は考えて使ったほうがいいですね。

ペットに規制しているタイプのダニもいますので、掃除だけでは足りないこともあります。カーペットをやめてフローリングにしていても、溝にダニが規制していることもありますので、ほうきを使って掃き掃除もしていくのがオススメです。

寝具に関しては、実は枕の周りにダニが多いとも言われますので、重点的に清掃をして下さい。窓を開けた換気をしにくい時には除湿機が役立つので用意しておいてはいかがでしょうか。空気清浄機に備え付けているタイプも有ります。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ