ドライスキンには要注意

ドライスキンって?

ドライスキンというと聞きなれませんが、乾燥肌と同じものだと思って下さい。乾燥している肌では、カサカサして潤いのない肌コンディションに悩んでいる人が多いですね。

あまりにも乾燥している場合には、痒みを伴うこともあります。肌には保湿をする成分としてコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどがあり、これらが肌を守っているのです。

アトピー性皮膚炎の方はこれらの成分が不足していますので、肌を守る機能が低下していると言っていいでしょう。

防御できないで雑菌が入ったり、健康な肌では気にならないような外的刺激に敏感になるということなのです。

アトピー性皮膚炎では、化粧品や金属に対してもアレルギー反応を示しますが、肌が刺激物から守られていないことがわかります。

アトピー性皮膚炎の初期症状として乾燥肌、つまりドライスキンの状態が出てきますので、単なる乾燥として放っておけないところがあります。

アトピー性皮膚炎の原因になる

ドライスキンとアトピー性皮膚炎には、どんな関連性があるかというのは大体わかってきたと思います。乾燥している肌は早めにケアをしてしまわないと、いつまでも治らないという連鎖が起こってしまいます。

ドライスキンになると痒みが出ます。それをかくことで肌のバリア機能は更に低下します。そして、そこから雑菌が入ったり刺激を感じるようになる。

それが原因でまた痒みを感じるというように、悪循環が出来てしまっているからなのです。これを何処かで断ち切るようにしなくては、アトピー性皮膚炎を治そうと思っても難しいでしょう。

通院して適切な治療を行ってもいいですし、セルフケアとしてのアプローチ方法もたくさんありますので、改善方法に困ることはありません。

その人によって効果的な治療方法が異なっていることもありますので、色々と試してみるのは大事になってきますよ。目に見えて症状が出てくるのも辛いことですので、早めに改善できるようにしていきましょう。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ