合併症には何がある?

アトピー性皮膚炎と合併症

アトピー性皮膚炎の方は注意しなくてはいけない症状があります。目が見えにくい、痒くなるということや、発疹がかなり広範囲になっていく、髪の毛が薄くなる、水疱ができてしまったという時には注意をしましょう。

目に関することでは、目が霞んだり、眩しく感じるようなこともあります。ものがぼやけるのも同じですね。この場合は白内障を合併している可能性があります。

また網膜剥離を起こした時には、見えない部分が出てきたり、蚊がいないのにとんでいるようにみえてしまうことも起こりますね。手術が必要になることもあります。

皮膚では伝染性膿痂疹というものがあり、赤いぶつぶつがたくさん出るようになってしまいます。一般にはとびひと呼ばれる状態なのですが、抗生物質などで治療をしていくことになります。見た目にもかなり辛い状態にはなっていきますね。

合併症も悪化する

白内障や網膜剥離の合併症が出た時には手術をして治していくこともありますので、迅速な対応をしなくては最悪失明に至ることもあります。

皮膚のトラブルでも、根本的にアトピー性皮膚炎を治す治療と、合併症として出てきている症状の改善をしなくてはいけませんので、負担が大きなものとなっていくでしょう。

頭皮トラブルとして円形脱毛症になった時は、命に関わることではありませんが、男女共に気になる部分ではあります。緩和していくのにも時間がかかるでしょう。

アレルギー性鼻炎や喘息も合併症として考えられます。アレルギー性鼻炎では日常生活で不便を感じるようになりますし、喘息では最悪死に至ることも考えることになります。ステロイドの吸入器を常に持参していなくてはいけませんね。

夜に眠るときにも呼吸が苦しく、大変な思いをすることになってしまうでしょう。アトピー性皮膚炎と併せて環境改善に更に力を入れていくことになります。合併症は出ないに越したことはありません。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ