アトピー性皮膚炎は遺伝する?

アトピー性皮膚炎は遺伝する?

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質を持っている親からの遺伝というケースもあります。

必ず遺伝をするというものではありませんが、アトピー性皮膚炎ではない親から生まれるよりは、少々確率が高いと考えてよいでしょう。

親からではなく祖父母の遺伝が出るケースもありますので、ここが判断の難しいところかもしれません。2歳くらいまでは、食べ物の影響も出やすい年齢なのですが、3歳頃から少し状況が変わることもあります。

年齢に応じた検査をしてみるのも良いと思います。ご自身がアトピー性皮膚炎だからと言って必ずしもお子さんに遺伝するとは限りませんので、あまり深刻に考えることはないでしょう。

最近では改善方法や治療法がしっかりしてきていますので、どのようにアプローチするのかがわかると深刻にならなくていいこともあります。悩んでストレスを貯めるほうがアトピー性皮膚炎に良くないかもしれません。

後天的遺伝は?

後天的遺伝というのは何かというと、親と同じような生活環境にいる子供は、親と同じ疾病にかかりやすいということを言います。

環境要因でアトピー性皮膚炎になることがありますので、先天的な体質の遺伝ではないのにアトピー性皮膚炎という時には、環境改善の余地があると思います。

治療の要素は必要でしょうが、生活環境での工夫をするとアトピー性皮膚炎も治しやすいと考えていいでしょう。

初期症状が出てから2ヶ月ほど経過すると、アトピー性皮膚炎としての可能性が出てきてしまいますので、怪しいかなという症状を感じた時には病院へ行ったほうがいいでしょう。

環境要因と言っても何がそのアレルギーの原因になっているのかは専門家ではないとわからないものです。改善しやすいように、その原因となっているものを把握することが求められます。

極端な場合には転居などで改善するというケースも考えられます。多くの場合はそれほど重篤な要因はないようです。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ