こまめなカビ対策をする

アトピーへの影響

カビもアトピー性皮膚炎への影響を持っていますので、できるだけ徹底的にコントロールしていきましょう。カビと一口に言ってもいいものと悪いものがあります。

食品として使用しているものでは、チーズや味噌にも入っていますので、これは問題ありません。その他の家につくようなカビは無くしていきましょうということですね。

梅雨の時期などになると対処にも困りますが、押入れや洗濯槽にもカビがあります。基本的に湿度が65%以上あって20~25度くらいの室温になっているとカビが繁殖しやすくなってしまいますので、これらの調整をすることで、室内のカビを少なく出来ると思っていいでしょう。

お風呂でも湿気がたまることからカビの温床になります。浴室を使用してからドアを開けっぱなしにしていると、カビの胞子が家全体に広がるとも言われていますので、かなり注意が必要なところになるでしょう。

お風呂に関してはかなりカビ対策をしないとカビだらけになってしまいます。お風呂のカビを対策せよ!~カビ取りと予防策~というサイトが参考になりますので、一度見ておきましょう。

カビの対策方法

カビが好む環境がなければいいのですが、生活をしている中では全くないということには出来ません。しかし、いくつかの除湿剤をおいておくとか、通気性を良くするということでも、かなりの緩和が出来るようになります。

押入れにも乾燥剤を入れて、布団をしまっているのであれば、天日に干すことをこまめにしましょう。雨が降っていない時には換気をして、水回りで空気のめぐりが悪ければ除湿機の設置もします。

洗濯槽が盲点になっていますが、専用の物を使用してカビを落とせますね。浴室から広がるカビの胞子については、お風呂から出る時に壁などを冷水で冷やしてもいいですし、カビが生えないこまめな掃除でもかなり良くなります。

カビは、どのような素材にもつくものなので、こんなところにと愕然とすることがありますが、日ごろの掃除で減らすことは出来ます。

ベッドのマットレスのように移動させにくいものでも、すのこを利用するとカビが生えにくいので使ってみてはいかがでしょうか。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ