アトピー性皮膚炎かどうかの検査

どんな検査をするの?

アトピー性皮膚炎の検査はどのようにするのかをご紹介しましょう。おおまかに分けると血液検査と皮膚検査、負荷試験があります。血液検査では、好酸球というものの数値を確認します。

これは白血球なのですが、アレルギー体質では多くなりますね。IgEという数値も多くなりますので検査の対象とします。

皮膚検査ではスクラッチテストかパッチテストをします。スクラッチテストでは皮膚表面を軽くひっかくようにして検査します。パッチテストはアレルギーの原因になるものを一定期間貼り付けて反応を見ますね。

負荷テストではアレルギーの原因物質を体に入れることで、どういった反応が出るのかを見ていくことになります。年令によって症状の出方が変わったりすることもあるので、定期的な検査をしていったほうが良いでしょう。

数値の変動はあるものなので、1回の検査だけで断定は出来ません。

どこで受けられるの?

アトピー性皮膚炎の検査は皮膚科で受けることになります。先に医師の問診を受けてから検査を実施します。個人的に出来るキットがあるわけではないので、専門家にしてもらったほうがいいでしょう。

問診表でアレルギーやアトピー性皮膚炎の状態を申告するのと、医師が肌の状態を見て、どういった対処法を取っていくのかを検討します。

素人判断で方針を決めていくと、早い段階でアトピー性皮膚炎を改善するチャンスを逃してしまいますね。

医師が判断するのにも正しい情報が必要になりますので、アトピー性皮膚炎かもしれないと思った時には、日記のようにして、何の食べ物でアレルギーが出たのかなども記録するようにしましょう。

曖昧な記憶では正確に伝わらないこともありますよ。小さなお子さんだけではなく、大人の方でも同じことが言えますので、こまめに記録をつけることをオススメします。デジカメでその瞬間の肌の状態を取っておくのも有効です。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ