アトピー性皮膚炎の薬

どんな薬があるの?

アトピー性皮膚炎の治療薬にはどのようなものがあるのでしょうか?主に使用するのはステロイドの軟膏か免疫抑制剤の軟膏になります。そして飲み薬としてはアレルギーが出ないように免疫に関わる薬が処方されます。

ステロイドでは多くの方が副作用を気にしてしまいますが、処方される軟膏によって効果の強さが調整されていますので、副作用が出ないように少量だけ塗るようなことはしなくていいことになっています。

薬剤師からも説明がありますので、言われた量をきちんと塗ります。

強弱に応じて1種類だけ薬品名のご紹介をすると、最も強いものでデルモベート、次の強さでフルメタ、そして次にエクラー、中等程度でリドメックス、弱いものでプレドロニゾロンというものがあります。

ご紹介したのは薬品名ではなくわかりやすいように商品名としていますので、軟膏のパッケージを見るとわかります。

副作用はあるの?

アトピー性皮膚炎に使用するステロイドで心配される副作用について把握しておきましょう。皮膚が薄くなったり、皮膚の中の血管が膨張することによって皮膚が赤く見えるというのは代表的ですね。

その他には、産毛が濃くなることもあります。ニキビや毛の周りに痛みを感じることもありますね。この時は赤くなって見えると思います。

その他に痛みを感じたり、何だかジクジクするときには、他の細菌で感染症を起こしている可能性が疑われます。

使用する場所によって、副作用の出にくさもありますので、免疫抑制剤の軟膏と使い分けますが、足首や足の裏、手のひら、背中はステロイドを吸収しにくいので、こういったところは安心して使っていいのではないでしょうか。

その他の部位は医師と相談しながら免疫抑制剤でも構いませんね。免疫抑制剤は皮膚から体の中に吸収されにくいのがメリットになっています。

これらの軟膏については、見た目に皮膚が綺麗になっても必ず1本使い切るようにしましょう。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ