アトピーのスキンケア

肌を清潔に保って

アトピー性皮膚炎では日頃のスキンケアも大事になります。ジクジクとしていたり、フケのような皮膚のかけらが落ちることもありますので、バスタイムにはキレイにした方がいいでしょう。

ただし、ゴシゴシとこすっていいものではないので、優しく洗えるようにしましょう。洗うときに使うボディーソープも低刺激にものにして、出来れば手のひらで泡立てて、ボディータオルを使わないように洗うといいでしょう。

あまり刺激が強いとアトピー性皮膚炎も悪化してしまう可能性があります。痛みを感じるのもよくありません。清潔にしようとフケのようなものをこすりとってしまおうとしては後でダメージになりますよ。

また、湯船に浸かるのはどうかと不安でしょうか、温まってから洗い流せばいいだけなので、出来るだけ湯船も利用して下さい。リラックスできる効果もありますので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

肌の乾燥は厳禁

お風呂から上がったらまずしなくてはいけないのが保湿ですね。乾燥からくるドライスキンによって痒みが強くなりますので、軟膏を塗ったり保湿をするのは出来るだけ早めにしたほうが良いです。

時間が経過すると肌の水分が蒸発して乾燥がひどく感じます。お風呂あがりすぐだと、肌が柔らかいので保湿成分の浸透も良くなります。

保湿をしてから時間が立って、また肌が突っ張るような感じがするのなら、さらに保湿ケア用品をつけてもかまいません。

軟膏は使用量が決まっていますので、追加で塗ることが出来ない場合もあります。薬として使うものは必ず容量を守るようにして下さい。特にステロイドの軟膏では注意が必要です。

保湿として使用するときには、乾燥しやすいところに重ね塗りをしてラップをつけておくと、かなり効果的な保湿が出来るようになりますね。状態を見ながら試してみてはいかがでしょうか?保湿に使うものも低刺激で探しましょう。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ