ストレスはアトピーを悪化させる

ストレスによる影響

アトピー性皮膚炎を始めとしてアレルギーに関わる問題があるときには、ストレスのコントロールをすることも大事なのです。ストレスが溜まってくると、皮膚に出ている症状にも悪化が見られる時がありますね。

しかし、全くストレスのない生活をしようと思っても難しいのではないでしょうか?特に大人よりも子供のほうがストレスをためやすい傾向にあります。うまく解消する方法をまだ知らないからですね。

大人が手伝ってあげることも必要なので、ストレスが溜まっているかは様子を見ていくことになります。普段あまり外出しない方でも、郊外に出て自然に触れることで癒やされることもあります。

お子さんにもそういう機会を作ってあげてみませんか?入浴時にリラックス出来る環境を作っておくと肌を清潔に保てますし、その後にスキンケアをするのも効果的になりますよ。

コントロール出来るなら

大人でも子供でもなにか好きな事に集中している時には、ストレスを感じることが少ないですね。趣味を充実させるのもストレス発散になって、アトピー性皮膚炎をあまり苦痛に感じなくなります。

小さなお子さんでも有効な手段になっているので、こういったストレス・コントロールをしても良いと思います。小さなお子さんでは、親に遊んで欲しいとか関心を持ってほしいと思った時に、無理に皮膚をかきむしったりすることがあります。

大人は忙しくて十分な時間がなくても、関心を持たれていると実感できるような対応をすることが必要です。一緒にいてあげるだけでも子供には十分だということもありますので、ほんの少しでも時間を作りましょう。

また、母親1人が全て育児をしているケースも多いのですが、抱え込んでストレスを持っているとお子さんにも伝わってしまいます。親自身のストレス管理も大事になるので、ご家庭で十分な話し合いを持つようにしていきましょう。

アトピー性皮膚炎でのストレス・コントロールは意外に大事なものですよ。


⇒自分するべきアトピー性皮膚炎の環境対策
自分で出来る対策は絶対にしておきましょう。

⇒アトピーの方におすすめのスキンケア用品
みんなどんなの使ってるの?スキンケア用品は何がいい?

このページの先頭へ